【格安&簡単】バリュードメインでドメインを取得する方法

ブログ制作

こんにちは、タマです。

このブログでは独自ドメインの取得を推奨していますが、今回は僕が使っているバリュードメイン
を使った独自ドメインの取得について解説します。

 

スポンサーリンク

そもそも独自ドメインを取得するメリット

独自ドメインとは、例えば、XXXX.comの、XXXXに相当する部分のことを言います。

独自ドメイン対して、サブドメインというものがありますが、例としては、YYYY.blog.fc2.com のようなもので、この場合、YYYYは、fc2.comのサブドメインということになります。

サブドメインの場合、大元の運営ドメインに従属するドメインとなり、オリジナルではなくなります。

仮の話ですが、例で言えば、fc2.comがサービスを停止した場合、YYYYも使えなくなってしまいます。

独自ドメインの場合は、自分が維持する限り、ずっと使い続けることが出来ます。

そして、独自ドメインがユーザに認知されて広がっていくと、それはブランドとなり、プライスレスな価値となります。

そういう訳で独自ドメインの取得には多少の費用は掛かりますが、長い目で見るとそれ以上のメリットがあると考えられるため、僕はお勧めしております。

 

 

バリュードメインのメリット

このブログでは、バリュードメインコアサーバーの利用を推奨しています。

というのも、ドメインの取得からレンタルサーバの契約まで同じサービス内で一貫して行えるうえ、割安という理由からです。

別のエントリでも紹介していますが、コアサーバーの場合、最小のCORE-MINIプランで月額200円を切ります。バリュードメインの管理画面からコアサーバーの管理画面にシームレスに移動することもでき、非常に利便性が高いです。

 

バリュードメインを使った独自ドメイン取得

まずは、ユーザ登録をします。下図の流れに従って情報を入力していきます。

途中でクレジットカード情報の入力が必要になります。最初の1回だけで済みます。ここでユーザ登録を済ませておくと、所有ドメインおよび所有サーバを、この登録アカウントで管理することが出来るようになります。バリュードメインの1つのアカウントで、複数のドメイン、サーバを一元管理できます。

 

ユーザ登録が済んだら、コントロールパネルでドメイン登録をクリックします。

 

空きドメイン検索をし、空きがあるドメインの購入をクリックします。値段はドメインの種類によって変わってきます。

 

次が注意点なのですが、「WHOIS情報の代理公開」です。

ドメインの所有者が誰なのかを登録する必要があるのですが、それを自身ではなく、レンタルサーバ会社にするという作業です。

WHOIS情報は全世界に公開される情報であるため、代理公開にした方がよいでしょう。

自身の情報でも構わないという方はそのままでも構いませんが、個人情報を公開したくない方は、忘れずに代理公開の設定をしておきましょう。

「弊社の代理名義にする」をクリックすると、警告が出て一瞬やらない方が良いのかな?と思うかもしれませんが、OKをクリックして大丈夫です。

以上で完了です。簡単でしたね。

次はコアサーバでレンタルサーバを借りて、ブログを作っていきましょう。

下記の記事を参考にしてください。

【図解付き】格安のコアサーバーを使って独自ドメインのブログを作る方法
今回は別エントリーでお勧めしたレンタルサーバ、コアサーバー のMINIプランを使ってWordpressのブログを立ち上げる方法を解説します。 費用的には、ドメイン費用(年間数百円~数千円)とサーバ代月額198円です。コーヒー一杯より安いですね。



コメント