【日本語対応】おすすめフリー写真素材サイト3選【2018】

ブログ制作

こんにちは、タマです。

 

ブログ記事にアイキャッチ画像がないと何となく間延びした感じになってしまいますよね。

そこで今回は、ブログ等で利用できる日本語の素材サイトを紹介いたします。

 

気を付けるポイントは「利用規約」ですが、今回紹介するサイトは、全てクレジット表記ナシで商用利用出来るものばかりなので、安心して使うことが出来ます。

ただし、エロサイトでは使えない、といった規約があるパターンもあるので、個別にチェックすることをお勧めします。

 

それでは紹介してまいります!

 

スポンサーリンク

写真AC

一つ目は「写真AC」です。

写真の登録総枚数は不明ですが、登録会員数が300万人という大規模サイトです。

姉妹サイトとして、イラストに特化したイラストAC、シルエット画像に特化したシルエットACなどがあります。

ただ、広告が多く、トップページがちょっと重たいのがタマに傷です。

 

利用規約はこちらになります。

要点としては、

  • 商業利用でも、クレジット表記ナシで自由に使ってもよい。
  • アダルトサイトや公序良俗に反する利用はNG。
  • 人物写真のなりすまし等はNG。
  • 製品等のメインコンテンツとして使用するのはNG。

という感じです。

普通にブログの素材として使わせていただくのであれば、まったく問題なさそうですね。

 

pixabay

二つ目は「pixabay」です。厳密には海外のサービスの日本語版となります。

なんと1千5百万枚のデータがあるそうです。もちろん、日本語でのキーワード検索もできるので、きっとマッチした画像が見つかると思います。

サイト自体も写真ACほど重くなく、サクサク表示されるのも魅力的です。

 

利用規約はこちらになります。要点は、

  • クリエイティブコモンズ CC0(著作権フリー)で公開されている。
  • ただし、人物写真などのなりすましはNG。

という感じになります。

こちらも普通にブログ素材として使うのは全く問題ありません。

 

 ぱくたそ

三つ目は「ぱくたそ」です。ぱたくそではありません。

前の二つに比べ、写真の点数が少ないですが、人物写真などが充実しています。

 

ぱくたその利用規約はこちらになります。

要点としては、

  • 商用利用可能。クレジットを付けず、誰でも自由に無料で利用可。
  • アダルトサイトや公序良俗に反するサイトでは使用NG。
  • 人物写真はなりすましで使うのはNG。
  • 販売物や二次配布についてはクレジット表記などの対応が必要。

などとなります。

こちらも同じく、普通のブログで使わせていただくのは全く問題なさそうです。

 

まとめ

以上となります。

僕は使い慣れている&有料会員登録している写真ACから拝借することが多いです。

というか、写真ACで検索していると、どこかで見たことがある素材が出てくることも多いです。企業や、商用ニュースサイトで利用されているのもよく見ますね。

したがって、どうしてもカブってしまうこともあるので、やっぱりオリジナルが欲しい場合は、自前で撮るか、有償サイトの利用をお勧めします。

 

 

コメント