【プラグイン】Instagramからワードプレスへ自動連携する方法

ブログ制作

こんにちは、タマです。

ワードプレスの投稿をInstagram等のSNSへ連携する、したい、という話はよく聞きますが、今回はその逆で、Instagramからワードプレスの方へ自動連携する方法を紹介します。

スポンサーリンク

いったい何故インスタ→WP…?

基本的に、Instagramのタイムラインは、「タイムライン」という名の通り、時間とともに流れていくものです。

その時その時で消費されて、無くなっていく情報のことですね(厳密に言えば残っていますが)。

こういう情報のことを「フロー情報」といいます。

これに対して、固定的に残しておきたい情報のことを「ストック情報」といいます。

SNSとブログの最大の違いは、このフローとストックの違いであると考えています。もちろん、ストックに向いているのはブログになります。

Instagramの情報は基本的にフローですが、記録として残しておきたい、ネット上でインデックスされて残ってほしい情報ってありますよね。

それを実現するために、Instagramの投稿をワードプレスに保存するということを考えました。

では、そのやり方を紹介します!

DsgnWrks Instagram Importer プラグインを使う

手っ取り早いのは、プラグインの利用です。今回紹介するのは、「DsgnWrks Instagram Importer」です。他にも同様の機能のあるプラグインもありましたが、最終更新が古く、現行のワードプレスでの動作が不安でした。

 

このプラグインの説明を見てみると、

In the spirit of WordPress and “owning your data,” this plugin will allow you to import and backup your instagram photos to your WordPress site.

とありました。

インスタのサービス側ではなく、自分のデータは自分のワードプレスで所有しましょう、これは、そのことを可能にするプラグイである、ということです。

自分のデータは自分で所有する、という精神ですね。その通りだと思います。

 

まずは連携認証の設定をする

インストール後、有効化すると、左側のツールメニューの中に「Instagram Importer」というメニューが追加されているので、それを開きます。プラグインの初期設定画面が表示されるので、迷わず、認証ボタンを押しましょう。※この段階で、既にInstagramにログインしていることが前提となります。

 

Instagramの認証画面が表示されます。黒塗りになっている部分はユーザ名ですので、合っていることを確認し、「Authorize」をクリックします。以上で連携認証の設定は完了です。

 

連携内容の設定

とりあえず、初期設定のままで機能しますので、設定画面が表示されたら、そのまま一番下のimportを押してみてもOKです。

Import from this date 以降の日付の投稿がInstagramからワードプレスにインポートされます。

 

ただし、初期設定では、インポートは手動になります。

自動インポートをするためには、下記の通り、Plugin Optionsから設定する必要があります。

Once Hourlyを選択すれば、1時間に1回、インポートを実施します。ほぼリアルタイムな連携と言ってもよいのではないでしょうか。

まとめ

以上、Instagramからワードプレスに投稿をするための設定を紹介しました。

Instagramのタイムラインをワードプレスに埋め込むプラグインは沢山ありますが、独立したエントリーとして取り込むプラグインは数少ないです。

途中で、“owning your data,”という言葉が出ましたが、非常に重要な考え方だと思います。

折角自分で撮ったコンテンツなんだから、自分の手でストックとして持っておきたいですよね。

それを実現するために、このプラグインはとても役に立ってくれるでしょう。

 

あと、その他の方法として、プラグインを使わず、IFTTT(イフト)というサービスを使う方法もありますが、中級者向けのやり方なので、割愛します。別エントリを書くかもしれません。書きました!

【IFTTT編】Instagramからワードプレスへ自動連携する方法
今回は先回説明したIntagramからワードプレスに自動連携する方法の内、IFTTTというサービスを利用したものを解説します。 プラグインを使った方法については、下記をご覧ください。

 

コメント