【WordPress】超簡単!HTMLサイトマップの追加方法【Simple Sitemap】

SEO

こんにちは、タマです。

SEO対策などでよく聞く「サイトマップ」ですが、二つの意味に使われることがあります。

一つは、検索エンジンのクローラ向けに作られるXMLサイトマップです。

XMLサイトマップは、人間が見てもよく分からない形式なんですが、構造化された形式なので、ロボットからすると非常に分かりやすいデータなんですね。

そのため、用途としては、Googleサーチコンソールや、BingWebマスターなどに登録して、WEBサイトの構造を理解してもらうために利用します。

 

もう一つは、ロボットではなく、人間が見て分かりやすいサイトマップです。

普通にWEBサイトの1つのページとして表示されるもので、百聞は一見に如かず、このサイトのサイトマップはこちらになります。

後者の方をHTMLサイトマップと呼びます。

今回は、そのHTMLサイトマップの追加方法を解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

HTMLサイトマップの役割について

HTMLサイトマップの役割ですが、一つは、サイト訪問者に対して、コンテンツ一覧を提供することで、サイト内の回遊率を向上させる効果があると言われています。

もう一つは、サイト内の内部リンクを生成する役割です。これには、SEO上の効果もあるという説もある一方で、XMLサイトマップがあれば別段効果はないという説もあります。

こういう時はサイト訪問者にとって少しでも役に立つかどうか?という視点に立って、マイナスにならないのであれば、対応するのが正解だと思います。

 

Simple Sitemapプラグインについて

手動でサイトマップを作るのはしんどいので、ここはプラグインにお任せしましょう。

HTMLサイトマップを作るプラグインはいくつかあるのですが、今回は「Simple Sitemap」を紹介します。

流れとしては、

  1. プラグインのインストール
  2. サイトマップ用の固定ページの作成
  3. ショートコードの挿入して公開
  4. 固定ページをメニューに追加

以上の4ステップとなります。簡単ですね。

当然ですが、このHTMLサイトマップは自動的に生成されるので、新たなコンテンツが追加された場合は、自動的に更新されます。

Simple Sitemap プラグインの他にも、PS Auto Sitemapというプラグインもあるのですが、更新が3年前で停止しているので、今後ワードプレスがバージョンアップした場合など、動作するかどうかが怪しいので、今回はSimpleSitemap を推します。

 

Simple Sitemap の設定方法

まずは固定ページを追加します。名前は「サイトマップ」でよいかと思います。

次に固定ページ内にショートコードを追加します。ショートコードは、左側メニュー「設定」から「sitemap」を開くと、一覧が表示されます。

このサイトで使っているショートコードは、

[simple-sitemap-group term_order="desc"]

となります。カテゴリごとに表示し、その表示順を降順で表示するという形です。

具体的な固定ページの画面は下記のとおりです。シンプルですね。

以上の設定で、サイトマップが生成されます。

後は作成した固定ページをメニューに追加し、訪問者がアクセス出来るようにしてあげればOKです。

 

まとめ

いくつかHTMLサイトマップのプラグインを試してみましたが、「PS Auto Sitemap」以外では、「Simple Sitemap」 が一番使いやすかったです。

とりあえず、HTMLサイトマップを作成したい、ということであれば、このプラグインを使って生成するのがよさげです。

 

コメント