【図解付き】All-in-One WP Migrationの使い方

ブログ制作

こんにちは、タマです。

今回は、ワードプレスのプラグイン、All-in-One WP Migration の使い方を解説します。

 

スポンサーリンク

All-in-One WP Migration で出来ること

このプラグインは、ワードプレスのデータを、プラグインやテーマ、データベースなど含め、全て丸ごとバックアップを取ってくれるものです。

バックアップファイルは、DropBoxなどの外部ストレージサービスに保存することも可能ですが、それらの機能は有償プラグインで対応する形になります。

作成されたバックアップファイルは、同じくAll-in-One WP Migrationプラグインがインストールされたワードプレスの環境にそのまま展開することが可能です。

つまり、バックアップファイルさえあれば、単純なバックアップ復旧だけでなく、サーバ間の引っ越しなどの用途にも使えます。その意味でプラグインは「Migration」という名称になっています。

 

バックアップファイルの作成方法

バックアップファイルの作成は、ものすご~~く簡単です。

プラグインが有効化されていれば、管理画面の左メニューに「All-in-One WP Migration」のメニューがあるはずなので、「エクスポート」をクリックし、「エクスポート先」を「ファイル」に指定します。

 

あとは勝手に作成してくれるので、しばらく待ちます。

 

完了したらダウンロードリンクが表示されるので、ダウンロードしてパソコンに保管します。このファイルさえあれば、いつでもバックアップ時の状態に復元することが可能です。

 

過去に作ったバックアップファイルは、「バックアップ」メニューからいつでも参照することが可能です。

ただし、バックアップファイルを溜めすぎるとサーバのディスク容量を圧迫する原因にもなりますので、不要なバックアップファイルは「×」を押して定期的に削除しましょう。

 

バックアップファイルの復元方法

次は復元方法です。こちらもびっくりするくらい簡単です。

まっさらなワードプレスの環境を用意し、All-in-One WP Migrationのみをインストールした状態にさえすれば、準備OKです。左メニューの「インポート」から、ダウンロードしたバックアップファイルをドラッグアンドドロップし、インポートすれば完了です。

 

まとめ

レンタルサーバ業者の管理はしっかりされていると思いますが、何らかの障害でデータが消えてしまう可能性も排除できません。過去にはファーストサーバ事件などもありました。

したがって、自衛できる部分については、自己管理をして備えておくことが大切なのではないでしょうか。

とりあえず、以上です。

 

コメント