DNSって何?独自ドメインを扱う際に最低限知っておきたいこと

ブログ制作

こんにちは、タマです。

今回は、DNSについて解説してみます。

ブログ等で独自ドメインを設定するには、DNSの知識が必要です。

DNSの仕組みを深く知っているに越したことはないのですが、一方で、ネットワークエンジニアでもない方が深く知る必要もないとも思います。

そこで、今回は最低限知っておきたいレベルの解説をしてみます。

スポンサーリンク

DNS(ディーエヌエス)って何?

DNSはそのままディーエヌエスと読みます。ドンスとかではありません。そのまま系の読み方とか、省略系の読み方とか、いろいろあってややこしいですよね。

DNSはDomain Name Systemの略になりまして、その役割は「名前解決」と言われています。

 

通常、ネット上の情報にアクセスする際、アドレスとして「yuru.work」といったドメイン名を指定します。

ところが、このドメイン名は、正式にはアドレスではありません。実体としては、「IPアドレス」というものが利用されています。

IPアドレスは、IPv4という仕様の場合、「192.168.100.10」といった形で、ドットで区切られた4つの数字で表現されます。※IPv6という仕様もありますが、省略します。

インターネットに接続されているパソコン、サーバ、電子機器などには、全てこのIPアドレスが付与されていて、しかも、被らないようになっています。余談ですが、「被らないこと」を「ユニークである」、と言います。

このユニークなIPアドレスにより、パソコンやサーバを特定して、通信が出来るようになっています。逆に言えば、IPアドレスがない機器は、インターネットに接続できません。

ところが、このIPアドレス、数字の羅列なので人にとっては非常に覚えにくいものです。

いちいちIPアドレスを覚えるよりは、yahoo.co.jpとか、ドメイン名を覚えた方がしっくりきやすいです。

そこで、ドメイン名と、IPアドレスを変換する仕組みとして、DNSが利用されます。

 

イメージとしては、携帯電話の電話帳に似ているかもしれません。

例えば、「〇〇さん」の電話番号を登録しておけば、電話帳アプリで「〇〇さん」と検索すれば電話を掛けることが出来ます。

いちいち〇〇さんの電話番号を覚えるのは大変しんどいです。ひとりならともかく、何百人もの電話番号を暗記するのはムリです。中には出来ちゃう人がいるかもですが。

なので、言ってみれば、携帯の電話帳は、携帯電話版のDNSと呼べるかもしれません。

登録された名前と、電話番号を変換する役割を果たします。

 

ということで、DNSは、ドメイン名をIPアドレスに変換する役割を持つものとして押さえておいてください。

最低限知っておきたいこと1:Aレコード

独自ドメインを取った際、取っただけではWEBサイトのアドレスとしては利用できません。

ドメイン名とIPアドレスを紐づけるための設定が必要になります。

そこで必要なのが、このドメイン名のWEBサイトのIPアドレスは「AAA.BBB.CCC.DDD」です、という情報です。

DNSは「レコード」と呼ばれるいくつかの情報を保持することができ、そのうちの一つ、「Aレコード」と呼ばれる情報が、そのドメインのWEBサイトのIPアドレスになります。

例えば、yuru.workのDNSレコードのうち、Aレコードは、AAA.BBB.CCC.DDDである、といった具合です。

Aレコードが正しく設定されていなければ、折角ドメインを取得してもWEBサイトが正常に表示されることはありません。

レンタルサーバ業者によっては、自動的に設定してくれるところもありますが、その場合は、「Aレコードが自動的に設定されているんだな」と想像してください。

ちなみに僕が推しているバリュードメインでは、半自動的に設定されます。半自動なので、少なくともAレコードの持つ意味を知っておいた方がよいです。

バリュードメインの取得方法は下記をご覧ください。

【格安&簡単】バリュードメインでドメインを取得する方法
このブログでは独自ドメインの取得を推奨していますが、今回は僕が使っているバリュードメイン を使った独自ドメインの取得について解説します。そもそも独自ドメインを取得するメリット 独自ドメインとは、例えば、XXXX.comの、XXXXに相当する部分のことを言います。

最低限知っておきたいこと2:MXレコード

次に押さえておきたいのは、DNSレコードのひとつ、MXレコードです。

これは、そのドメイン名が利用するメールサーバを指定するレコードになります。

XXX@yuru.workというメールアドレスがあった場合、そこに送信されたメールを処理するサーバがMXレコードで指定されたIPアドレスのサーバになります。

MXレコードは、Aレコードに設定されたIPアドレスと同じになることもありますし、違うこともあります。

そのドメインでメールを使わない場合は、MXレコードを設定しなくても構いません。

僕は普段gmailを使っているので、yuru.workのドメインではメールの設定をしていません。

 

まとめ

とりあえず、DNSについて簡単に解説しました。

DNSレコードの種類はいくつかあり、用途も様々です。認証用途にも使われるDNSレコードや、音声通話プロトコル用に使われるレコードもあります。

ただ、単純にWEBサイトを運営するのであれば、AレコードとMXレコードの役割くらいを押さえておけば用が足りると思います。

 

コメント