【プラグイン】テーブル作成の定番TablePressより使いやすい!Data Tables Generator【WordPress】

ブログ制作

こんにちは、タマです。

ワードプレスで記事を書いているときに、しばしばテーブルを挿入したくなるケースがありますが、今時tableタグを使って書いたりする人はいませんよね。

レイアウトが崩れたりしますし。

 

そんな時にプラグインの出番なわけですが、テーブルのプラグインと言えばTablePressがメジャーです。

しかし、表示に関しては非常に優秀なのですが、データのエントリに時間が掛かったりすることがあるため、いまいち使い勝手が悪いと感じていました。

そんな中見つけたプラグインがData Tables Generatorです。TablePressよりも便利で使いやすいです。

今回はその「Data Tables Generator」の紹介をします。

スポンサーリンク

Data Tables Generatorの概要

基本的な動作としては、TablePress同様、テーブルデータを作成して、コンテンツ内にショートコードで挿入するという形になります。

ただし、作表オプションが充実している他、エクセルのように直接編集できるため、機能面ではTablePressよりも優れていると個人的に感じています。

アウトプットとなる表は、以下のような感じになります。

Data Tables Generatorの使い方

まずは右側の管理メニューから、「Tables by supsystic」→「Add table」をクリックします。するとダイアログが表示されるので、テーブルの名称と列数、行数を指定し「Create」をクリックします。列数、行数については、後から変更できるので、この時点で決まってなくても大丈夫です。

 

次は、タブメニューの「Editor」をクリックします。するとエクセルのようなテーブルが表示されるので、所定のデータを入力します。エクスポート・インポートは有償プランでの対応のようです。が、しかし、なんとエクセルから普通にコピペ出来てしまいます

 

表が出来上がったら、忘れずに上部の「Save」をクリックしましょう。Saveが済んだらその右横にあるショートコードを投稿や固定ページに張り付ければ、表が表示されるようになります。

 

まとめ

英語版ですが、非常に簡単に扱えるプラグインだと思います。

特にEditorが優秀で、エクセルのように計算式を入力したり、ショートコードを挿入することも出来ます。

特に表編集の部分で、エクセルからコピペ出来てしまった時にはビビりました

まだ自分も細かい部分までは把握しきっていないので、いろいろいじってみようと思います。

コメント